徒然日記

9月16日 その1868『逢坂誠二の徒然日記』

函館市内は、薄雲の広がる朝を迎えた。



今日はちょっと気温が下がり、

予想最高は29度だが、

9月のこの時期としては

気温の高い状態が続いている。



昨日は、

函館市内を色々と走り回った。



その中で、

次のような驚くべきニュースが飛び込んできた。







1)大間原発

15日、枝野経産大臣が、青森県の三村知事らと会談し、

「経産省として設置、着工を許可した原発について

変更することはない」と説明し、

事実上、大間原発の工事継続を認める考えを示した。



さらに枝野大臣は、

プルサーマル事業も「国が責任を持ち進める」と語り、

核燃料サイクル政策に変更がない考えを強調したという。



これは何とも信じ難い発言だ。



====



9月6日、民主党のエネルギー環境調査会では、

核燃料サイクル事業に対し、



「国の責任を明らかにし、本質的な必要性、

技術成立性、社会的受容性等を

一から見直すべきである」



との考えをまとめ、政府に提言をした。



それであるにもかかわらず、

あっさりと「核燃料サイクルに変更がない」

との考えを表明するとは、

信じ難いことだ。



理解に苦しむ。



====



大間原発は、

青森が立地県ではあるが、

函館市とは20?あまりしか離れていない。



万が一の事故に際には、

立地自治体である青森県はもとより、

北海道も大きな被害を受けるおそれがある。



函館、北斗、七飯の各自治体議会では、

大間原発工事を

無期限で凍結する決議をしている。



当然、青森県だけではなく、

北海道側の意見も十分に聞いたうえで、

様々な判断をして欲しいと

政府にお願いを続けていた。



それであるにも関わらず、

枝野大臣からは何の連絡もなく、

前述の発言があったことに、

大きな怒りを覚える。



強く抗議しなければならない。







今日は新月だ。



さらに函館市内で、

私の政経セミナーを開催する。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============


   2012・9・16 Seiji Ohsaka


=============

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です