徒然日記

10月10日 その1892『逢坂誠二の徒然日記』

都内は青空の中に、

多少、雲の浮かぶ朝を迎えた。



天気は下り坂で、

午後には雨が降る可能性も高まるようだ。



気温は最低が16度、

最高が23度程度と見込まれている。







1)安全とは

原子力発電所について、

最大限の安全を求めるとの声が多い。



特に専門家による、

高度な判断に基づいて安全を判断すべきとの声だ。



安全という概念は、実は難しいものだと、私は思っている。



安全とは一体何なのか、よく考えてみる必要がある。



====



第一は、

原子力発電所という発電工場、

そのものの安全が確保されていなければならない。



その観点は幾つかあろう。



例えば次の諸点だ。





原子炉の強度など工場本体の安全





ミスのない運転など工場操作上での安全





燃料輸送や使用済核燃料搬出など

工場と工場外のやり取りの安全





津波、地震、隕石など自然天変地異に対する安全





航空機の墜落、テロなど社会的危機に対する安全





発電工場の操作や警備を行う人的面での安全





以上などが、発電工場そのもの安全面で、

ざっと思い付くことだ。



====



物事は、どんなに安全策を講じても

100%事故が起きない保証はない。



今回の福島第一原発事故で、

そのことは明らかになっている。



そこで安全の第二のポイントとして、

万が一事故が発生した場合の安全を

どう確保するかが重要になる。



その主なポイントは次が考えられる。





非常用電源確保、原子炉爆発回避策、

外部放出放射線量低減対策、作業人員確保対策、

事故対応指示ができる場所の確保など

発電工場そのものの危機管理対策





住民への広報伝達、円滑な避難ができるかなど、

原発事故の及ぶ範囲の住民の安全確保対策





どんなに発電工場に安全策が講じられていたとしても、

万が一の事故は避けれらないため、

この第二の安全に関し十分な対応ができなければ

安全が確保されたとは言えない。



たとえば事故の及ぶ範囲内の人口が50万人だとした場合、

50万人が円滑に避難できる手立てがなければ、

安全が確保されたとは言えない。



避難するすべがなければ、

それは安全な原発ではないことになる。



====



第三のポイントは、

事故後の補償対策だ。



今回の事故を見ても分かる通り、

事故後の補償に対する事前対策は、

全く不十分だった。



事故が発生してから、どんな手順で、どんな資金によって、

補償を行うのかを話し合って、

その内容を決めながら補償を行っている。



これでは安心できる原子力とは言えない。



補償対策があっても事故が発生すれば、

社会は大きな損害を被る。



事故が発生しないことが最も望ましいことだが、

補償対策がなければ、その不安は計り知れない。



補償対策が予め講じられていることが、

安全の一つの要素になるだろう。



====



第四のポイントは、

特に原子力事故固有のことになる。



原子力事故を伴わない火災や地震による大地への被害は、

地形の形が変化するなどのことがあった場合でも、

人間が利用したり、再度、立ち入ったりすることが、

いずれは可能になる。



放射能漏れを伴う原子力災害の場合、

火災や地震などと違って、

人間の人生の時間軸を超えた相当な長期に渡り、

大地への被害が及ぶ。



それは相当先の未来の世代にまで及ぶことが多い。



これらをはじめとして、

原子力災害は、一たび暴走し出すと、

一世代の人間の手ではどうにもならない、

未来の世代への負の遺産を残すことになる。



使用済み核燃料や廃炉処理は、

事故が発生しなくても未来への負の遺産である上、

万が一の事故の際は、

この負の遺産が大きくなるのだ。



原子力の場合、こうした点も含めて、

純粋科学技術論だけでは割り切れない、

世代を超えた倫理的問題が存在する。



これは安全の問題とは別の範疇の課題との指摘があると思う。



確かにそうかもしれない。



であるならば、

私たちの社会における原子力発電の妥当性は、

安全だけでは判断できないともいえる。



====



さらに、

電力需要や今後のエネルギーの確保見通し等も、

原子力の妥当性を考える上で考慮せねばならないことだ。



朝のひと時、

原子力に対する安全という概念をちょっと考えてみたが、

これほどの論点のある大ごとなのだ。



耳に聞こえの良い、

専門家による安全判断には、

極めて多面的な要素があることを知らねばならない。



今朝の私の論点以上にも、

様々なことが潜んでいるのだと思うし、

さらに知恵を絞る必要がある。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・10・10 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 私は、ニセコ町在住の主婦です。
    原子力発電については、マスコミでしかわかりませんが、今現在、水力・火力発電では、不足という事ですから、一方的に反対では、生活に支障があります。これから、冬の生活が心配です。又、病院・老人施設等とても心配してます。
    今は、原子力発電を反対するのではなく、地震等の自然災害時の対処法を考えて、泊発電の稼働をお願いします。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です