徒然日記

10月12日 その1894『逢坂誠二の徒然日記』

函館は、青空の広がる朝を迎えた。



昨夜、函館市内で講演があるため、

夕刻の便で帰函している。



今朝の気温は11度。



日中は17度程度の見込みだ。



朝は布団の中にいても、

気温の低さを感ずる。







1)スケソ

10月に入り今季のスケソ刺網漁が始まった。



初日は、

南かやべ180トン、

椴法華41トン、

鹿部45トンと

好漁のスタートだった。



昨年の魚場は、

水深190〜210メートルと狭かったが、

今年は320〜280メートルと、

昨年よりも深くて広い。



初日の浜値は、

南かやべはキロ64〜50円、

椴法華は60〜56円、

鹿部は67〜63円と昨年並みだ。



====



道の水産試験場の調査によれば、

渡島から日高の広い範囲で魚群が観察されている。



水深は150〜500メートルで、

昨年よりも50〜100メートル深い

350メートル付近の反応が強いとのこと。



ハシリは水深300メートル付近に

主漁場が形成されると推測している。



魚体組成は、

尾叉長35〜50センチで、

昨年よりも大型個体の割合が高い。



====



以上のように今年のスケソ漁は、

まあまあの滑り出しだ。



しかし予断は許さない。



今後のTAC枠についても、

気を許すことなく

しっかり注視しなければならない。







2)講演

昨夜、薬剤師会の皆さんの計らいで、

私の講演会を開催頂いた。



日中の仕事終了後の遅い時間にも関わらず、

200名を超える大勢の皆さんにご参加頂いた。



私からは、

日本政治の現状と先行きなどについて、

話をさせて頂いた。



また地元案件などについても言及させて頂いたが、

いずれの件も、熱心に話をお聞きいただき、

本当に有り難く、心から感謝している。



大間原発問題について話が及ぶと、

さらに皆さんの頷きが増えたような印象だ。



大間は、この地域の重要課題となっている。



薬剤師会の皆さんに、

改めて、心から感謝している。







今日は平日だが、

久しぶりに地元での活動が可能となる。

夕刻には、日帰で札幌市での

講演が予定されている。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・10・12 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です