徒然日記

10月16日 その1898『逢坂誠二の徒然日記』





都内は今日も晴れてスッキリした天候になりそうだ。



夜明け前の空には、

今朝も天頂付近には木星、

東の低い空に金星が輝いている。



朝の気温は18度、

日中は22度位になる見込みだ。



今日の夕刻、私の好きな

新月直後の細い月が見られるだろうか?







1)大間原発

15日、函館市長さんら、

渡島管内の首長さん、議長さん、

経済団体のトップなどの皆さんが、

大間原発建設工事の無期限凍結を求める行動のため上京された。



私も、官邸をはじめとする要望先に同行し、

皆さんとともに、

大間原発工事の無期限凍結を強く訴えさせて頂いた。



====



政府は、官邸、内閣府、経済産業省を訪問し、

それぞれ官房副長官、副大臣、大臣政務官に対し

要請を行っている。





現行法制の中で政府に建設再開を止める権限はない





独立性のある規制委員会が、

今後、安全基準などを策定し、

それに基づいて進められること



政府の主張は、重にこの二点だ。



確かに独立性の強い規制委員会であるが、

その独立性があるからといって、安全性の確保について、

政府が逃げ腰でいることは許されない。



====



電源開発株式会社(Jパワー)では、

渡部常務執行役員に対し要請を行った。



渡部常務からは、

震災後の状況も踏まえて安全性を確保しつつ工事を進めることや、

規制委員会の新たな基準については、

工事を進めながら対応するなどの発言があった。



今回の工事中止、工事再開、

いずれも会社独自の判断に基づくものであるとの発言もあった。



====



私から、

極めて重篤な原発事故が発生し、

国民の多くが原子力に不安を抱き、

原子力に対し否定的な雰囲気が広がる中で、

工事再開を自主的に決めたことに対し、

企業倫理の観点から、

どう考えるのかとの質問を行ったが、

会社側からは何の回答もなく、

何とも残念な対応だ。



====



大間原発のことについては、

まだまだ入口段階だ。



今後、相当な困難が伴うことは明らかだが、

地元の皆さんの思いを全うするため、

粘り強く取り組みを進めなければならない。



特に今後は、

規制員会の動きが重要になる。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・10・16 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です