徒然日記

10月24日 その1906『逢坂誠二の徒然日記』





夜明け前の都内は、

外に出るとヒンヤリ感があり、

気温が下がっているのが実感できる。



今の気温は13度程度だ。



空には多少の雲があるが、

瞬く星が良く見える。



天頂には木星、東には金星、

南西にはオリオン座が良く見える。



昨夜の雨も上がり、

今日は天候が回復する見込みだ。



日中の予想最高気温は20度程度だ。



====



昨朝、ハードディスクへのアクセスが止まらず、

調子の悪かった私のPCだが、

あの不調が嘘のように今朝は快調だ。



まさにサクサク入力できる。



これならば文章を書くのにストレスはない。







1)長幼序あり

「長幼序あり」、孟子の言葉だ。



年上の者と年下の者の間には、

道徳上当然守るべき秩序がある、

という意味だ。



====



以前にも書いたのだが、

最近は、こんなことを全く顧みない場面に多く遭遇する。



党内での議論もそんな雰囲気が多いが、

この傾向は国会だけに留まらず、

あらゆる場面で見られる。



先日も、ある方々と原子力について議論していたが、

常に、いわゆる「ため口的な」話し方や、

罵り気味に話されるている。



何故、そんな話し方をするのかと尋ねると、

議論は自由なものであり、

自分は年少者だが皆さんと対等だからだと言う。



この言葉を聞いて完全に履き違えていると感ずる。



議論の自由さ、対等さと、

口汚く罵り気味の言葉を使うことは全く別物だ。



日本の社会がいつの間に、

こんな風になったのか、

何とも嘆かわしいことだ。



まさに長幼序ありで、

年上の者と年下の者の間には、

道徳上当然守るべき秩序がある。



もちろん、私自身もこのことを

十分に踏まえた行動をしなければならない。







2)行革調査会

昨夕、行革調査会の役員会が開催された。



3次野田内閣になってから初の会合だ。



行政改革は非常に重要なことだ。



しかし単に減らす、削減するだけでは行革にはならない。



行政組織を、いかに効果的に機能させるかの視点が必要だ。



費用対効果だけの効率論だけで、

効果的な組織は生まれない。



行政改革といえばどうしても、

削減、削減、効率的にとなりがちだが、

それだけでは組織は委縮する。



この点に十分な配慮が必要だ。



====



行政改革の肝は、

徹底した情報公開であることは論を待たないが、

情報公開が不十分な中で行革を議論すれば、

内容を誤り兼ねないことにも留意しなければならない。



====



行革に留まらず、

あらゆる取り組みを行う際に、

総合性や全体的整合性に気配りをするあまり、

調査会などの組織や会議日程をどうするかといった、

組織論に多くの時間を費やすことが多い。



それは間違いではないのだろうが、

こうした調査会運営では、

突破力に欠けることが多い。



組織の切り盛りは、

何に力点を置くのか、どうメリとハリをつけるのか、

組織の取捨選択に目配りをする必要があるが、

昨夜の会合では、

その点について若干の不安を覚えている。







今日の午前、

立川の国立極地研究所を訪問する予定だ。



そのため、今朝は、朝早くから移動を開始する。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・10・24 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です