徒然日記

10月25日 その1907『逢坂誠二の徒然日記』





都内は雲の多い朝を迎えた。



その雲の多さにも関わらず、

金星の光が雲を通して見ることができる。



天頂付近の木星は見えない。



今の気温は14度程度、

日中は19度程度で、

肌寒さを感ずるかもしれない。







1)国立極地研究所

昨日、国立極地研究所を訪問した。



以前は板橋にあったが、

国の各種機関の郊外への集約化に伴って、

立川に新設移転している。



板橋に比較すれば、

施設も大きくなり、内容も随分と拡充した。



今回の訪問は、

極地研究の現状と課題を把握することだ。



日本の極地研究は、50年余り続いており、

一部には、目的を達成したのではないかという声もある。



しかし現実は全く違っている。



地球環境を考える点からも、

あるいは資源を確保する点からも、

極地研究の重要性は以前以上に高まっている。



昨日は、白石所長ら

極地研幹部の皆さんから話を伺った後、

施設を見学した。



低温クリーンルームなど、

他では見ることのできない施設や、

来月出発する観測隊の準備状況も見せて頂いた。



厳しい予算の中で、随分と工夫しながら

様々な取り組みを行っていることが良く分かる。



今後、昨日の視察の成果をまとめつつ、

極地研究の重要性を訴えて行きたいと思う。







今日は、いつも以上に早い時刻に、

朝からの会合がセットされている。



そのため早速、出勤準備開始だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・10・25 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です