徒然日記

11月6日 その1916『逢坂誠二の徒然日記』





夜明け前の都内、細かく冷たい雨が降っている。



玄関の周囲が結構濡れている。



夜中には、結構強い雨が降ったようだ。



空一面に雲が広がっている。



朝の気温は12度、

日中は17度程度の見込み。



今のところ雨は弱まっているが、

徐々に雨が強くなり、

今日は終日、雨の予報が出ている。







1)総務委員会

昨夕、衆院総務委員会の理事懇談会が開催され、

今日の委員会開催が決まった。



委員会では、新理事の選任や、

樽床総務大臣をはじめ政務三役からの

挨拶を受けることになっている。



今後の予定は筆頭理事間で協議して決められることになるが、

とにかく委員会が動き出したのは嬉しいことだ。







2)万里の長城

万里の長城で、

日本人3人が死亡する遭難事故が発生した。



今回の遭難場所は、

観光客の多い北京郊外の有名な八達嶺とは違い、

完全な山岳地帯だという。



それであるにもかかわらずツアー主催会社では、

ルートの下見をしていないかったという。



何とも無謀なことで、言葉もない。



事故に遭われた方々に、

心からのご冥福をお祈りする。







3)心配

最近、第三極などといわれる政治勢力をはじめとして、

日本の政界再編が進む、そんな雰囲気が漂っている。



こうした中、私の対しても色々な声が寄せられる。





逢坂さんの政治姿勢や取り組みの方向は支持する





しかし、このまま今の政党にいて良いのか





別の所属で仕事をすべきではないか





こんな雰囲気の声だ。



====



別の所属を勧める声には、

二通りの思いが潜んでいると感じている。



心から私の立ち場を心配される方がいる一方で、

現在の第三極などの動きに乗じて、

あえて混乱を助長するような声だ。



様々な動きの激しい不安定さが漂う時には、

自分の意思と意志をしっかりと持っていることが重要だ。







今日も早朝から

会議がギッシリと詰まっている。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・11・6 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です