徒然日記

11月22日 その1932『逢坂誠二の徒然日記』





函館は雲の多い朝を迎えた。



朝の気温は2度程度、

日中は9度程度になる見込みだ。



午前中は、雨が落ちることもあるようだが、

午後には晴れ間が広がるとの予報だ。



今日は、小雪…、本格的に冬に向かっている。







1)歩く

昨日も、精力的に地元を歩き回っている。



現職の国会議員は、

平日に地元に戻ることがなかなか叶わず、

心苦しい状態が続いていた。



しかし16日の解散によって、

やっと平日の地元回りが可能になった。



公示日まで時間は限られているが、

とにかく多くの方にお会いして、

私の思いを伝えたい。



寒風吹きすさぶ中で、

体の芯から冷え込み、

顔の皮膚もボロボロになりつつあるが、

そんなことに構っている余裕はない。



====



皆さんから、

原子力ゼロ社会の実現への期待の声が大きい。



色々な場面で、その声を耳にする。



その思いを実現するためにも、

頑張らねばならない。







2)驚愕

野党第一党の党首が、

日銀が建設国債を直接購入しすることなどによって、

デフレからの脱却を目指す発言をしている。



一昨日もちょっと言及したが、信じられない発言だ。



本当にこんなことが通用すると思っているのだろか。



====



日銀の白川総裁も、

日銀による国債の直接引き受けを巡る議論に対し、



「日銀は先進的な金融緩和をしており、

大量の長期国債を買い入れている。

それが財政ファイナンス

(財政赤字の穴埋め)であるという誤解が生じると、

長期金利が上昇して実体経済にも悪影響を与える」



と語り、



国債の買い入れにあたっては



「金融・資本市場の受け止め方には十分な注意が必要だ」



との認識を強調した。



全く同感だ。



====



野党第一党の党首が、

基礎を踏まえないこのような発言をすることに、

大いなる不安を感ずる。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・11・22 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です