徒然日記

4月14日 その1151『逢坂誠二の徒然日記』



昨朝も日記を書く時間が確保できずに、
一日がスタートしてしまいました。

時間管理に脇の甘さが出ています。

今日も午後、急遽、帯広入りが決まりました。

定期的な行動と、
随時突発的な日程をうまくこなさねばなりません。

1)権力闘争の謎
中央公論4月号に掲載の
カレル・ヴァン・ウォルフレンさんの論文
「日本政治再生を巡る権力闘争の謎」を
興味深く読みました。

ウォルフレンさんは、オランダ ロッテルダム生まれで、
日本での長い活動経験を持つ
ジャーナリスト、評論家です。

とここまで書いたところで、
ちょっとまたやるべきことが発生しました。

どうも時間の確保がうまくできません。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2010・4・14 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です