徒然日記

1月4日 その1962『逢坂誠二の徒然日記』





正月三が日が、あっと言う間に過ぎた。



あれもしたい、これもしたいと思っていたが、

そのほとんどができずに新年4日目の朝を迎えた。



辛うじて達成できたのは、

ウォーキング復活と箱根駅伝三昧くらいか…。



箱根駅伝は、ラジオとテレビで久々に満喫した。



改めて凄い大会であることを痛感している。







1)除染

ウィキペディアによれば、

放射性物質に関する「除染」という言葉は、



「放射能汚染が生じた際、

 放射性物質あるいは放射性物質が付着した物を除去し、

 もしくは遮蔽物で覆うなどして、

 人間の生活空間の線量を下げることである」



とある。



この言葉の意味を、私たちは取り違えずに、

しっかりと受け止めておかねばならない。



====



いまさら当たり前と思われるかもしれないが、

除染をしても、放射性物質などが、

なくなるわけではないということだ。



それは、広範囲に広がっていたものを、

どこかに集めるという、移す行為、

つまり「移染」であるということを知らねばならない。



移染できない場合は、遮蔽する行為、それが除染だ。



放射性物質の移動や遮蔽によって、

対象となる空間の放射線量を下げる行為が除染であり、

それによって放射性物質は消えてなくなるわけではない。



今ならば、こんなことは当たり前だと感ずる方も多いと思う。



放射性物質は、

細菌を殺菌するかのように、

無くすことはできないものであることを、

十二分に理解する必要がある。







2)官僚

どうしてこうも大きくぶれるのだろうか。



最近の新聞などを見ていると、

官僚礼賛が激し過ぎる印象を受ける。



民主党政権の官僚との関係が酷評され、

今度は、官僚を使いこなすことに焦点が当たっている。



そして最近は、必要以上に、

官僚を持ち上げる記事やニュース番組を

目にするようになっている。



ちょっとやり過ぎだ。



官僚の皆さんは、行政の総合職であり、

あるいは行政のある分野の専門職だ。



国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、

かつ、職務の遂行に当っては、

全力を挙げてこれに専念しなければならないことが

法律上定められている。



====



官僚の専門知に学べ、

専門的なことは官僚に任せろ、

その道では経験も知識も官僚が上だなど、

こんな文言がメディアを踊っている。



こうした紋切り型の表現をするのは楽だし、

確かに間違っていないのかもしれないが、

現場はもっと複雑だ。



官僚と政治家に、大きな仕事の役割があるのは確かだ。



しかし現実には、

それぞれの場面場面で、画一的な関係ではなく、

官僚と政治家がそれぞれが有機的な関係を持ちながら、

総合的に最大の効果を上げるよう努力することが大事なのだ。



官僚と政治家の紋切り型の関係を想定しながら、

どちらかの力や立場を礼賛しても、

なにも良い結果は生まれない。



もっと現実に則した、

地に足のついた論調を望みたいものだ。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

    2013・1・4 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です