徒然日記

1月20日 その1978『逢坂誠二の徒然日記』





昨夜は帰宅が遅かったため、

今朝は遅めの始動だ。



函館は青空の広がる朝を迎えた。



朝の気温は、マイナス4度程度。



日中は、零度との予報。



今日は大寒だが、

真冬日を脱却する可能性がある。



気温が数度高いだけで、

部屋の中の暖かさが違っている。







1)大鵬

元横綱の大鵬さんが、昨日、亡くなった。



子どもの頃、相撲取りと言えば、

一も二もなく、即、大鵬と口に出る。



誰もが大鵬が好きだったし、

本当に強い横綱だった。



戦後の高度経済成長期を象徴する存在だった。



今日よりも明日、明日よりも明後日が、

間違いなく良くなる…、そんな時代の象徴だった。



大鵬の引退後も、確かに強い横綱が、存在した。



北の湖も強かったし、私も好きだった。



しかし、「巨人、大鵬、卵焼き」とは違って、

「江川、ピーマン、北の湖」と、

嫌われる存在と揶揄される雰囲気があった。



あの頃から、日本は何か別の世界に

入ったのかもしれない。



合掌。







今日も函館市内で活動だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

    2013・1・20 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です