徒然日記

1月21日 その1979『逢坂誠二の徒然日記』





今朝は都合により、日記が書けず、

昼になってから着手している。



今日も函館は真冬日を脱し、

プラスの気温だ。







1)大鵬

昨日、改めて新聞各紙を読んで、

大鵬の偉大さを認識している。



大鵬の現役引退は、

私が小学校卒業の頃だった。



子どもの私にとって

相撲イコール大鵬だった。



改めて大鵬が亡くなったことを

残念に思っている。



合掌。







2)電子書籍

幾つかの端末で、電子書籍を試してみた。



紙の書籍には敵わないと思っていたが、

使ってみると予想外に塩梅が良い。



iPadなどの使い勝手も悪くないが、

専用端末kindleは、値段も手ごろな上、

サイズも手ごろで、操作性が良い。



写真や図の多い雑誌などを読むには、

カラーが必須なのだが、

文字だけを読むなら

白黒ベースの画面で十分だろう。



電子書籍にちょっとした先入観があったが、

使い勝手の良さを知り、

電子書籍への見方が変化した。







色々とやるべきことがあるが、

時間管理がうあまく進まず、若干のジレンマだ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

    2013・1・21 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です