徒然日記

1月22日 その1980『逢坂誠二の徒然日記』





本日の用務のため、昨夕、都内入りしている。



5時前に、都内で地震の揺れがあった。



震源は茨城県沖で、最大震度4程度、

都内は震度1~2程度の揺れだった。



被害の情報は入っていない。



====



夜明け前の都内、空一面が雲に覆われている。



今の気温は4度程度、

日中は7度程度になる予想だが、

午前中は冷たい雨との予報が出ている。



最高気温は、夕方で9度程度のとの見込みだ。







1)アルジェリア

アルジェリアの人質事件で、

日本人7人の死亡が確認されたという。



他国の皆さんも死亡している上、

まだ3人の日本人の安否が確認されていない。



何とも言いようのない卑劣な事件だ。



強い憤りの気持ちが湧きあがる。



合掌。



====



今回の事件をとおして、

日本とアフリカ地域との情報のやり取り、

そのパイプの不十分さを痛感する。



政府の情報収集機能も決して高いものではなく、

政府も海外報道機関の情報に

頼らざるを得ない一面があったようだ。



日揮など日本企業が、

アフリカ諸国で業務を展開している現状を思うと、

アフリカとの情報収集能力を高めなければならない。







2)道州制基本法

昨日の北海道新聞の報道によれば、

自民党は、次期通常国会に

道州制基本法の提出を決めたようだ。



道州制という、

あまり得体の良く分からないカタチだけが先行し、

自治をしっかりさせるという観点からは

何とも心もとないことだ。



肝心なのは、カタチの導入を決めることではない。



人口、産業、地理、歴史、文化などが異なる、

多様な日本の各地の自治をどう元気にするか、

それを市民の立場で、

基礎自治体を基本にして考えることが出発点だ。



市町村のありようをどうするかが、

第一の鍵なのだ。



その上で、

中間的広域自治体のありようを考えるのが筋だ。



今の都府県よりもサイズの大きい、

いわゆる道州というカタチの導入が先になると、

地域の自治を崩壊させ兼ねない。



出発点を間違ってはいけない。



====





地域毎に多様な基礎自治体のありようを検討すること





その際に中間的広域自治体がどうあるべきかを考えること





国と自治体の関係は、補完性の原理を基本としながら、

その役割のあり方を検討すること





47知事から10人程度の新たな道州の長が誕生するが、

道州長と国、あるいは基礎自治体の関係はどうなるのかを

十分に構想する必要があること





仮に、今の都府県よりも範囲の広い道州を目指すにしても、

東京の位置づけをどうべきか、

これは別途の大きな課題であること





道州制の導入が、行政改革的視点だけに偏ると、

本来目指すべき自治の活性化が達成できないおそれがある





道州制の導入は、その是非はともかくとして、

相当な大作業であることは事実





その大作業である道州制の導入を、

分権改革の前提としてしまうと、

自治体への権限や財源の移譲が止まる可能性がある





道州制を分権改革実現の口実にしてはならない



====



大事なのは、

全国画一的なカタチではなく、

それぞれの地域に応じた、

生き生きとした自治のあり方を、

それぞれの地域が責任を持って

自主的、自律的に検討することだ。







3)自動車諸税

新年度・平成25年度の税制改正大綱を巡っては、

来年4月の消費税率の引き上げをにらんで、

車を購入する際の税負担の軽減策が焦点の1つだ。



自動車業界などは

「車は生活に欠かせない物なのに税負担が重すぎる」などとして、

自動車関係諸税の廃止や軽減を求めている、



これらの税は、自治体の重要な財源であり、

自治体からは代替となる財源が確保されない限り

廃止、軽減には反対との意見が出ている。



こうした中、与党税制調では、

自動車取得税を将来、廃止する方針を固める一方で、

代替となる財源が決まっていないことから、

いつ廃止するかの結論を、

1年後の平成26年度の税制改正の議論まで

先送りする方向が出ているという。



この問題は、私どもが与党の際にも、相当議論した。



自治体の財源を確保せずに、

自動車関係諸税を

一方的に廃止、縮減をすることは

絶対に避けなければならない。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

    2013・1・22 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です