徒然日記

3月20日 その2037『逢坂誠二の徒然日記』





今日は、都内、明日は京都で用務のため、

昨夕、都内入りした。



今朝の都内は雲が少なく、春の光が降り注いでいる。



近所の公園では、桜が開花している。



日中は20度程度の気温になる見込みだ。







1)TPP

TPPによる、農業への影響が随分と語られている。



確かに農業への影響は極めて大きい。



だが、何度も繰り返すが、

TPPは個別産業分野だけの問題ではない。



それよりも大きな問題は、

私たちの生活や社会全般を

根底から変えかねないことだ。



その上で、

農業ばかりが問題視されるが、

水産業も大きく影響を受ける可能性がある。



当然、水産物にも関税がかかっている上に、

輸入量を制限するため品目別に設けられた

「輸入割り当てIQ制度」が

撤廃される可能性が否定できないのだ。



私の地元の主要水産物の一つ、

コンブにも大きな影響が及ぶ懸念がある。



輸入制限が無くなれば、

中国や韓国から安いコンブが入る可能性がある。



コンブの2010年の道内生産量は1万8796トン。



全国の8割以上。



このうち函館市が5094トン。



市内約2300人の漁師のうち、

8割以上がコンブ漁に携わっている。



関税は15%。



IQ枠は2960トン。



このIQ枠がなくなった場合の損失額は、

33億6千万円との試算もある。



TPPは、水産、

特にコンブへの影響が出る可能性がある。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・3・20 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です