徒然日記

2月16日 その1303『逢坂誠二の徒然日記』



一昨夜の降雪と積雪が嘘のように都内は晴れ
上がっています。

雪が降るか降らないか、積もるか積もらないか…、天候を予測するのは、実に微
妙な条件があることを改めて感じています。

1)心臓移植
札幌医科大学名誉教授の和田寿郎さんが、亡くなったと報じられています。享年
88歳です。

和田先生は、1968年に日本で初めての心臓移植手術を手がけた方です。

当時、私もそのニュースを連日、テレビにかじりついて見ていました。移植を受
けた方が、移植後83日目にお亡くなりなったのですが、その速報のシーン、そ
の特番の記憶も鮮明です。当時9歳だった私にとっても、あの心臓移植手術は、
極めてインパクトの強い出来事でした。

合掌。

昨日から衆院では、税法など予算関連法案を総務委員会などで審議入りする予定
でした。ところが夕刻の委員会が流会となりました。

今日も波乱の一日になりそうです。

さあ今日も、しっかりと前進します。
=============
   2011・2・16 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です