徒然日記

3月3日 その1318『逢坂誠二の徒然日記』



都内は、雲のないスッキリとした朝を迎えま
した。その分、気温がグンと下がったようです。

1)ジンギスカン

「今日の夕方、Tさんから、ジンギスカン材料一式注文がある。16時には配達
できるよう準備して。」

「何、言ってんだ。あの注文は明日だ、明日」

「えっ、今日のはずだよ」

「違う違う、明日だ、明日。キチンと確認しろ。」

「(手帳をチェックし)あっ、確かに明日だ。慌てて、申し訳ない。」

====

一昨夜、こんな夢を見ました。現実にあった昔の父との会話です。焦って配達に
行こうとする私を父が窘めたシーンです。夢だったのと思うのですが、寝ながら
単に昔の場面を思い出しただけかもしれません。

なぜこんな場面を思い出したのか分かりませんが、今も昔も、随分と時間に追わ
れる日々を過ごしているからでしょうか?

参院で予算案の質疑がスタートするかと思っていたのですが、まだのようです。
気力を充実させて臨まねばなりません。

さあ今日も、しっかりと前進します。
=============
   2011・3・3 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です