徒然日記

8月21日 その2189『逢坂誠二の徒然日記』





北海道の小中学校の夏休みは、

本州に先駆けて、ほぼ終了だ。



それに合わせるかのように、

空の色や、風の雰囲気に秋の気配を感ずる。



もちろんまだまだ暑い日々は続くようだが、

確実に季節は移ろっている。







1)汚染水

福島第一原子力発電所の汚染水対策が、

限界に来た印象を受ける。



貯水タンクから汚染水が漏れていると発表があったが、

これは予想されたことだとも言える。



汚染水はもとより、雨水の管理もほぼ不能と思われ、

今後も水処理は後手後手、泥縄的な対応に終始せざるを得ない。



水処理は限界に達している。



====



何度も繰り返すが、

このような原子力事故が発生すれば、

放射能汚染を避けつつ、その対策を行うことは、

極めて難しいことが明らかになっている。



汚染水対策は、

打つ手がない状態に入りつつある。



深刻な、深刻な現実だ。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・8・21 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です