徒然日記

4月21日 その1367『逢坂誠二の徒然日記』



都内は、空一面に雲が広がっています。

室内にいて若干寒さを感ずる朝です。

1)北海道からの要望
昨日、北海道副知事から東日本大震災に係る要望がありました。

全国的には、あまり報道されていないのですが、
今回の震災では北海道も相当な被害を受けています。

特に水産被害が甚大で、私の地元噴火湾でも、
ホタテ養殖をはじめ
水産業各般に渡って壊滅的な状態になっています。

昨日の副知事との懇談では、
及び腰にならずに、
こうした北海道の水産や風評被害の対応について、
関係省庁に、しっかりと要望するよう、
逆に私からお願いをしております。

2)総合特区法案
昨日、衆院内閣委員会で、
総合特別区域法案の提案理由の説明が行われました。

今後、審議に入ることになりますが、
各関係者の皆さんに心からお礼申し上げます。

この法律案は、地方公共団体が、
地域における自然的、経済的、社会的な特性を最大限活用し、
かつ、民間事業者、地域住民その他の関係者と
相互に密接な連携を図りつつ、
自らの判断と責任で主体的に行う取り組みにより、
我が国の経済社会の活力の向上及び持続的発展を図ることを
目的としています。

しっかりと審議頂き、速やかな成立を願っています。

3)コミュニティFM
東日本大震災の被災地で臨時災害FM局が、
避難所の生活情報やライフラインの復活状況を伝えるなど、
地域の皆さんの情報入手に大きな役割を果たしているようです。

津波で流された防災行政無線の代わりとして、
このFMを活用する地域も出ています。

20日までに臨時災害FMは21局となっています。

4)総務委員会
衆院総務委員会では、
今日も地域主権三法の質疑が行われる予定です。

また参院内閣委員会でも私への質問があるようです。

復旧復興に向けた第一弾の補正予算の内容がほぼ決まっています。
財源をどう確保するかについて様々な議論があるようですが、
今は平時とは全く違います。
平時の論理で増税などの理屈をこねるのではなく、
勢いのある大胆な政治の判断が必要です。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・4・21 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. お願いです。
    現在、原発事故の影響で高濃度汚染地域に住んでいらっしゃる住人の方々で、特に若い世代の避難を一刻も早く進めていただけないでしょうか。
    このままあの土地で生活を続ければ、チェルノブイリと同じ2次被害が発生してしまいます。
    本日福島市独自の調査により母乳から放射性ヨウ素131が検出されています。

    まだ間に合います。働きかけ、お願いいたします。

  2. 遅くなりましたがお誕生日おめでとうございます。そして地方選の応援ごくろうさまでした。結果はわたしには予想どうりとなりました。残念ではありますが。
    ただ最近の逢坂さんのブログをよんでいるとマスコミの異常ナバッシングもありますが
    政府など先頭に立っている方はやはり的外れなことをやっているのかなと残念で
    なりません。かってない大災害ですが、対応が遅れているのはいなめませんね。
    これから日本はどうなっていくのでしょう。野党は首相の退陣をさけんでいるけど、実際は新しい方に変わって支持率上がっての解散は避けたく、菅首相で解散をさせたいと
    ある大学ノコメンテーターがよんでいました。こんなことでは与党もだめだが野党もね、とおもいます。福島原発が一日も早く納まりますように。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です