徒然日記

10月31日 その2261『逢坂誠二の徒然日記』

昨日夕刻から、

札幌市内で用務があったため、

今日は札幌での朝だ。



相変わらずしつこい時差ボケが続き、

今日も早朝から目が覚めたが、

何かしら頭はボーっとしている。



今日も日中は眠らないようにしながら、

夜にしっかりと睡眠がとれるように

努めなければならない。







1)公認

昨日、民主党本部が、

次期衆院選の第1次公認内定者34人を決定し、



私もその内定者の一人として決定頂いた。



昨年の衆院選の惜敗率や

後援会組織の強さを考慮し

「勝てる候補」として選んだとのことだが、

もちろん公認内定を頂いただけで、

次回の勝利が確実になるものではない。



今回の内定を一つの契機として、

さらに気を引き締めて、

私のすべきことを

しっかり確実に取り組まねばならない。







2)特定秘密保全法案

ニューヨークタイムズが29日付の社説で、

特定秘密保全法案を批判している。



http://www.nytimes.com/2013/10/30/opinion/international/japans-illiberal-secrecy-law.html?_r=0



====



この社説では、

国民の知る権利を阻害すること、

秘密を構成するガイドラインがないこと、

政府の不都合な情報を秘密にすること、

などが指摘されている。



東アジアにおいて日本政府の不信を高めることにも言及しており、

ざっと社説を眺めると、評価の言葉は見られない。



こんな法案を成立させてはならない。









3)西区

昨夜は、札幌西区の民主党支持者の皆さんに、

現在の政治情勢などについて

90分近くに渡って講演を行っている。



特に安倍政権の目指す国家像について、

話をさせて頂いた。



参加者からは、TPP、原子力、憲法などについて、

対立軸を明確にすることなど、

突っ込んだ質問が寄せられ、

白熱した議論となった。



今回の講演は、

道下大樹道議、大島薫市議、

中村剛市議、岩崎道郎西区支部副代表らが、

企画したものだ。



このような取り組みは、

私の選挙区では行われておらず、

白熱した質疑は当然だが、

この会合の開催そのものが、

多いなる参考となった。



関係者の皆さんに感謝したい。







夜明け前の札幌の空、

その状況は良く分からないが、

雨も落ちておらず、

悪い天候にはなりそうもなさそうだ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・10・31 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 連日のご活躍、ご苦労様です。
    「このような取り組みは、私の選挙区では行われておらず」
    との事に驚きました。
    何よりも先に、どこよりも先に、自らの選挙区で行われるべきでしょう。
    逢坂さん、周りから言われるまでもなく、貴方が自ら提案・企画して、
    どんどん積極的に取り組んでください。
    私は、札幌の関係者に感謝している場合ではないと、率直に思いました。
    辛口で申し訳ありません。
    今後益々のご活躍を、期待しております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。