徒然日記

4月28日 その1374『逢坂誠二の徒然日記』



都内は、昨夕から急激に雲が広がりました。
今朝も雲の多い朝を迎えています。

しかし昨夕よりは、雲が薄い感じです。

1)内閣委員会
昨日は、衆院内閣委員会で
総合特区法案の質疑が行われ、私も答弁に立っています。

指定の透明性や各省の縦割りを排すること、
条例による法令の上書き権等が数多く質疑されています。

また国土交通省に対し、特区に限定した通訳案内に関し、
色々と質疑がありましたが、
この点は、要望されている現場の声を良く聞いてみるべきと感じました。

現場の実態も知らずに机上だけで判断することに、
若干の危うさを感じました。

2)全員内閣
菅政権は、全員内閣を標榜しています。

しかし多くの議員から、現実は違うとの指摘を受けます。

大震災のこの時期だからこそ、
全員内閣を確実に実現すべきと感じます。

今日は、午前、午後とも委員会での答弁が予定され、
朝から答弁打ち合わせです。

そのため散歩を中止して出勤です。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・4・28 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. いつも精力的な活動と、多忙な中での情報発信に敬意を表しています。
    マスコミでの政治、各党の動きをみると、争い・揉め事、政局がらみの記事で、一体政治家や政治は、この緊急時に何をしているのかと憤りを感じますが、逢坂さんの報告を通じ、政治家の中でも意欲・責任感をもたれ、日々精力的に活動されている方がおられること知ることができます。
    今、facebookを通じて、被災地・被災者の状況、支援活動に携わっている方々のリアルな状況を知り、多くの人が共感し、行動をおこしています。
    逢坂さんの最近の日誌を拝見しますと、政権の中におられるにもかかわらざ、決められない、実行に移せないもどかしさやくやさが感じられます。
    是非、これからも国民、被災者の立場に立たれ活動されるとともに、健康にも留意してください
                        
                                  新潟市 吉田 博

  2.  民主党の岡田克也幹事長は28日の記者会見で、朝鮮半島から
    持ち込まれた古文書を韓国に引き渡すための日韓図書協定の
    衆院本会議採決で自民党が反対したことについて、「日韓関係の
    重要さを考えれば、気持ち良く賛成してほしかった。本当に
    残念だ」と批判した。

    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011042801018

    第二次大戦後 返すべきものは返していますよ日本は

    竹島はどうなんでしょうか  一方通行過ぎませんか民主党は

  3. 続きですけど
    http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-105.html

    上記等を民主党議員はご存知なのでしょうか
    知らなければ  無能  もしくは  売国奴  と言えます(諸外国では普通です

    こんな大事なことを有権者に伝えないというのは何か意図があるのでしょうか
    ……….とまで考えてしまいます
    しっかりとした情報公開は 民主党のマニフェストにも書かれていたはずです
    国民への約束を実行することこそが  前進  と思います

    隠したりごまかしたりしないで下さい

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です