徒然日記

12月16日 その2307『逢坂誠二の徒然日記』





昨日、午後ニセコ入りをした。

今朝の気温は零度程度。

時折、弱い雪の降る曇り空だ。

30センチほどの雪が積もっているだろうか。

函館の雪の量とは、さすがに大違いだ。

1)連立政権
ドイツの新政権が、
9月22日の総選挙から約3カ月を経て、
明日17日に発足する。

選挙後、ドイツでは連立をめぐって政策協議を行っていた。

====

メルケル氏はキリスト教民主同盟 (CDU)に属している。

このCDUと姉妹等である
キリスト教社会同盟(CSU)の連立は既定路線だ。

この三月の間、
ドイツ社会民主党 (SPD)と連立協議を行っていた。

その結果、
183ページ(!)にも及ぶ連立協議書を作成し、
SPDが党員投票の結果、
賛成76%で連立参加が最終決定した。

====

日本では、考え難い長期に渡る連立協議だ。

しかも連立参加を決めるため、
党員投票も行ったという。

物事を始める上での用意が
周到ということなのだろうか。

2005年時の連立協議も65日間と2か月を超えていた。

脱原発担当大臣も新設された。

====

風力や太陽光など、
ドイツの再生可能エネルギーの比率は2010年の16・6%から
2012年には22・6%に増え、原子力(15・8%)を超えたている。

2022年原子力ゼロに向かうドイツの今後が大いに注目される。

2)意見交換
昨夜は、かつてニセコ町役場で
一緒に仕事をさせて頂いた方々数名と
6時間近くにわたって、
いろいろな話をさせて頂いた。

ニセコの観光、直売、農地整備、職員研修、
さらには原発、特定秘密保護法、TPP、外交など、
とにかく多方面に渡って、
口角泡を飛ばしての意見交換だった。

地域づくりは、様々なものと密接に絡み合っている。

とにかく明るく前向きに、
しっかりとした理念、大きな目標をもって、
皆さんには頑張ってもらいたいと思う。

今日午後、函館で用務があるため、
早い時間にニセコから函館に向けて移動開始だ。

今日も、しっかりと前進します。

=============

        2013・12・16
=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です