徒然日記

12月23日 その2314『逢坂誠二の徒然日記』





函館は曇りの朝だ。

朝の最低気温は、マイナス2度程度。

終日、穏やかな天候のようだ。

1)法律の下剋上
特定秘密保護法が成立し、
基本的人権の制限や、
三権分立の崩壊など、
憲法改正をしていなくても、
実質的な憲法改正が進行している
と強く感じている。

この状況を、

「(憲法に対する)法律の下剋上」

と指摘している方がいた。

学習院大学の青井未帆教授だ。

全く同感だし、
この言葉が見事に現状を言い当てている。

実際には憲法改正はしていない。

しかし法律によって、
最高法規である憲法の力をそぎ落とす現実、
下剋上が進んでいる。

====

12月17日に、

国家安全保障戦略、
新防衛大綱、
中期防衛力整備計画が、

閣議決定された。

これによって、
事実上憲法に規定する平和主義が、
崩壊しかねない現状も作り出された。

法律どころか、
閣議決定による下剋上だ。

====

こんな重要が事柄が、
国民に十分浸透しないままに、
粛々と進んでいる。

安倍政権の政策についていろいろな見方があるだろうが、
昨年4月に発表された
自民党の憲法改正草案に沿ったものになっている。

国民主権から国家主権へ。

基本的人権の制限。

平和主義の後退。

====

現行憲法の三原則が大きく揺らぐ内容だ。

2)凄い
昨日の有馬記念を久々にリアルタイムで見た。

オルフェーヴルのぶっちぎり、
八馬身差の有終の美、圧巻だった。

暴れん坊馬と聞いていたが、
あんなに凄い馬だと思わなかった。

====

馬と人を一緒にするなと叱られそうだが、
ジャンプの高梨紗羅も凄い。

W杯開幕三連勝だ。

政治や社会情勢は不安一杯だが、
こうした活躍を目にすると、
本当に元気が出る。

今日も、しっかりと前進します。

=============

        2013・12・23
=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です