徒然日記

1月12日 その2334『逢坂誠二の徒然日記』





いつもよりも車の往来の少ない日曜の朝を
迎えた。

相変わらず気温が低く今日もマイナス5度程度だが、
少し寒さが緩んだ感じだ。

マイナス9度から4度程度気温が上がるだけで、
随分と体が楽な感じがする。

1)医師会、歯科医師会
一昨夜は医師会、昨夜は歯科医師会、
それぞれの新年会にお招き頂いた。

多くの先生方に、数多くの激励を頂いた。

====

昨年末に診療報酬の大枠が決まった。

診療報酬の決定はこれで終了ではない。

これから2月初旬までが、
その詳細を決める攻防が続く重要な時期だ。

2年前の診療報酬改定のこの時期は、
財務省、厚生労働省、
そして三師会を中心とする皆さんと、
激しいやり取りを繰り返していた。

そして最終的に、必ずしも十分ではなかったが、
何とか多くの皆さんの声を反映した内容とすることができた。

この時期の国会議員の活動は、極めて重要なのだ。

====

新年会の席上でも、私に対して、
こうした活動を継続できるよう
頑張ってほしいとの激励も頂いた。

本当に有り難く思う。

ご招待に心から感謝している。

新年の様々な活動が活発化しており、
机上仕事が放置状態だ。

届いた封書も封が切られていないものも多い。

精神を研ぎ澄ませ、
あらゆることに立ち向かって行こう。

今日も、しっかりと前進します。

=============
         2014・1・12
=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です