徒然日記

5月20日 その1395『逢坂誠二の徒然日記』



都内は薄雲の広がる朝を迎えましたが、
日が昇るにつれて青空の広がる良い天気になる見込みです。

現在の気温は18度程度、
日中は25度程度と昨日に引き続き夏日になるようです。

湿度が低く、洗濯日和とのことです。

昨夜の寝入りばなは、部屋の暑さで寝苦しさを感じました。
季節は春から、初夏の雰囲気に完全に変わっています。

1)復興基本法
昨日から衆院で、
いわゆる復興基本法の議論がスタートしています。

この基本法は、政府内閣が提出する一方、
自民党も同時に法案を提出し、
一括して審議が進められることになります。

====

これについては、
こんな緊急時ですから被災地の皆さんのことを思うと
与野党が一致して一本の法案を出すことが必須でした。

しかし、昨日の本会議のやり取りは完全な対立状態で、
残念でなりません。

こうなってしまったからには、
真摯な議論を早急に積み重ねて、
政府原案をある程度修正してでも、
一日も早く成案を得られるよう
与野党が努力しなければなりません。

また早期に、復興担当大臣を任命し、
今以上に、総合的かつ具体的実践的な
復旧復興対策に全力を上げねばなりません。

====

書くべきことがたくさんありますが、
朝から来客、さらに衆院内閣委員会での答弁などもあり、
早めにそれらの準備に入ります。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・5・20 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です