徒然日記

5月21日 その1396『逢坂誠二の徒然日記』



函館は雨の朝を迎えました。

昨夜、最終便で帰函しました。
震災以降、地元活動がなかなかままならない状態が続いています。

昨夜は帰函後、三つの会合に出席し、
震災の話などをしました。

今日も、終日、市内で活動予定です。

====

今日は朝のうちに散歩に出る予定でしたが、
雨のため中止です。

残念。

1)法案
昨日、私が所管する法案2本が成立しました。

一本は、今回の大震災被災地の6月11日以降の自治体選挙を
最大9月22日まで延長する法律です。

被災地では、選挙人名簿の調整がままならない自治体もあり、
選挙の実施が困難と伝えられています。
もちろんいたずらに選挙期日を延長すれば良いものではなく、
地元の皆さんも一刻も早く選挙を実施したいと望んでいます。

しかし物理的に実施が不能であれば、
延期は止むを得ないものです。

今回9月22日まで延期していますが、
この範囲でも実施不能な事態が継続する場合は、
再度、国会と相談しなければなりません。

====

もう一本は、自治体議員年金の廃止法案です。

自治体議員は、市町村合併、さらに行財政改革によって、
議員数も議員報酬も下がっています。

このため平成14年、平成18年と二度に渡って、
年金制度を維持するために、
給付を引き下げ、掛金率を引き上げる等の制度改正を行っていました。

しかし、それでも年金制度の維持が難しくなったため、
今回廃止の判断をしたものです。

====

なお、自治体議員年金のあり方について、
今後検討する等の付帯決議が衆参両院で付されています。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・5・21 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です