徒然日記

6月4日 その1410『逢坂誠二の徒然日記』



函館の空一面に雲が広がっています。

昨夜、最終便で帰函し、地元新聞記者の皆さんと、
原発や地域のことについて意見交換をしました。

理念や理想だけでは、現場は動きません。

しかし理念・理想なき対応は愚策になってしまいます。
昨夜の意見交換で、そのことを改めて痛感しています。

今日は、地元でたくさんの会議などがセットされています。

国会の混乱に忸怩たる思いがありますが、
とにかく進むしかありません。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・6・4 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です