徒然日記

6月3日 その1409『逢坂誠二の徒然日記』



薄い雲の底に水色の空が透けて見える朝を迎えました。

登り始めた太陽の光が
近くのビルの窓ガラスに反射し、眩しさすら感じます。

昨朝の暗い朝とは雲泥の差です。

予想最高気温は25度との予報が出ています。

1)不信


復興基本法の成立


2次補正予算案の早期編成への目途


以上が達成されたら退陣

====

昨日の代議士会での菅総理と鳩山前総理の話から、
上記を条件として、菅総理が2、3ヶ月の内に辞任すると
多くの議員が受け止めたと私は感じました。

その結果、不信任案に肯定的な議員も、否定的な議員も、
それぞれの思いに折り合いをつけ、
本会議で不信任決議案は大差で否決されました。

====

私は、今の時期は、
国会が国民の思いから遊離して、
ドタバタしている場合ではないと強く感じ、
不信任案が否決されたことに安堵しました。

とにかく今は、
日本の総力をあげて、この難局を乗り切るべき時期です。

====

しかし、昨夜の菅総理の記者会見では、
この日中の多くの皆さんの思いとは、
どうも違う発言、対応したと報じられています。

私は、この記者会見を見ておりませんが、
報道のとおりだとすれば、
何とも信じられないことです。

これは党内の議員のみならず、
国民の皆様に多くの不信感を広げることになると、
大いなる懸念を抱いています。

====

会見を直接見た知り合いの記者からも
「史上最低の会見」との酷評が寄せられました。

震災の復旧復興のみならず、
日本の難局からの脱却に向かって、
心を一つに進めると安堵したのですが、
昨夜の総理会見で
逆に向かい兼ねない状況に大いなる不安を抱いています。

====

今日も朝から会合があるため、
早めの活動開始です。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・6・3 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 初めて、投稿させていただきます。
    後志で、自治体職員をしています。

    昨日の本会議中継をTVで見ながら「バカじゃないの!?」とふざけるなと言う気持ちになりました。
    直接的な災害を受けていない地に生活していても、
    この時期に万が一の総選挙。政治の空白。
    かかる費用・時間・労力を考えると、そんなことやっている場合じゃないでしょ!!
    「党が壊れる」、「政権交代阻止」ではなく、滞ることなく進めることが一番大切なんだと考えていたからです。

    賛成票を投じた松木議員よりも、欠席した先生方に憤りを感じたし、
    空白が出来ない事への安堵感を持ったのも事実。

    皆さん、1人1人、信念だったり、正義だったり、考え方に違いがあるのは当然であって、
    明確な正解も不正解もないのだと、いうのが私の考え方です。
    ココは、私自身が多くの情報に迷いそうになったら、訪問して本筋を見極めるための、指針としておりました。

    そして、昨日の会見から一夜明け今日。ごちゃごちゃで、最悪な状況です。
    地域で暮らす人たちにとって、中央で何が起きていようと、生活は変わらず続きます。
    だけど、法律や制度が変わらなくても、中央で起こっていることに対しての不安や不信感で、
    生活が乱れることが往々にしてあります。

    本当に勘弁してもらいたいと、切に願います。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です