徒然日記

3月4日 その2385『逢坂誠二の徒然日記』





函館、夜明け前の気温は氷点下5度だ。

確実に日中は春らしい天候になっているが、
寒さは相変わらずだ。

昨日は、朝の街宣に始まって終日、
外回りだったが、
寒さが骨に凍みる感じだった。

一時、春の陽気になったので、
心が緩んでいる。

1)制裁
政府は給与削減をしなかった自治体への
補助金を減らすと方針を決めたと報じられている。

====

政府は、2013年度中の実施を求めていた
公務員給与削減に応じなかった市町村に対し、
今年5月に配分予定の公共事業関連の補助金を減らすという。

国の意向に従わない自治体に対する制裁となる。

この話を聴いて、
多くの国民の皆さんは、
当然と感ずる方も多いかもしれない。

====

しかしこんなことをすると、
自治の芽は、削がれることになるだろう。

責任を持って自ら考え行動する心を如何に強化するかが、
この20年余りの日本の行政の大きな課題だった。

給与を上げるか下げるかなど、
それは最終的には、
自治体議会で責任を持って判断すべきことだ。

だがしかし、ここ1年余りの政府のやり口を見ていると、
自治体の自主性を育むのではなく、
補助金や交付税などによって、
政府の意のままに自治を制御する場面が多い。

こんなことをしていると、
上意下達的な依存体質が助長されることになる。

給与削減条例の議論だって、
国の意向だからと言うことで、
形骸化した議会議論になるだろう。

自治が国の下請け機関になるということだ。

沖縄県の二つの自治体での首長選挙では、
政府与党幹部が、
与党の意に沿う候補が当選すれば、
500億円や100億円の基金を設置する等と発言したという。

こうしたことは結果的に、
日本の民主主義の基礎体力を奪うことになる。

安倍政権の国家主権体質があらわになっている。

ウクライナ国内の緊張が高まっている。

ロシア軍、ウクライナ軍のにらみ合いが続く情勢のようだ。

こんなバカなことは即刻、中断すべきだ。

今日も、しっかりと前進します。

=============
         2014・3・4
=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。