徒然日記

3月5日 その2386『逢坂誠二の徒然日記』





昨日は、函館市内でいつもの街宣活動の
後、即、札幌に移動し、
JR北海道の坂本眞一元社長のお別れの会に参列した。

この20年余、坂本さんには、大変、お世話になった。

特に北海道新幹線の札幌延伸決定に当たっては、
二人三脚と言えば大げさに聞こえるかもしれないが、
まさにそんな雰囲気で最終決定作業をさせて頂いた。

一日に何度も連絡を取り合う場面もあった。

坂本さんの緻密さ、大胆さ、誠実さがなければ、
最終決定は難しかったかもしれない。

とにかく、とにかくお世話になった。

今、ここに坂本さんのご冥福を
改めて心からお祈りする。

合掌。

今日も、しっかりと前進します。

=============
         2014・3・5
=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です