徒然日記

6月22日 その1428『逢坂誠二の徒然日記』



昨夜遅く、ニセコ入りし、
松田信夫 前ニセコ町副町長の霊前にお参りをしました。

松田さんのことは何とも残念でなりません。

改めて心から安らかなご冥福をお祈りします。

====

昨日は、慌ただしい一日でした。

午前は、参院総務委員会で、
与野党が協議して抜き出した地方税法の審議で答弁に立っています。

昼は、即、党の総務部門コアメンバー会議に参加し、
二次補正予算の交付税などに扱いについて議論しました。

引き続き午後は、参院内閣委員会で、
総合特区法案の審議で答弁に立っています。

その後、総務省内で打ち合わせ2件、
政務三役会議に出席しています。

本来、午後、もしくは夕刻に、
衆院本会議が行われる予定で、
昨夜のニセコ入りは無理と判断していました。

ところが15時台に、
本会議開催が見送られたとの情報を得たため、
急遽、飛行機に飛び乗り、
ニセコ入りが実現しました。

もちろん今日は、会期末のため、
国会日程も目白押し、
朝一番の便で国会に戻りますが、
綱渡りの日程をやり繰りして、
何とか松田さんに、最後のお別れができました。

====

手を合わせて、目を閉じて、
松田さんの思いやり、様々な配慮に心から感謝しつつ、
永久の旅立ちを、ニセコの空の下で、見送らせていただきました。

松田さん、本当に有り難うございました。

安らかにお眠りください。

合掌。

====

人生は色々なことがありますが、
今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・6・22 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 時々コメントさせて頂いています。
    政治は複雑で難しい事は解りませんが、
    逢坂様のように誠実で一生懸命な若い議員さんは
    民主党に沢山居るのでしょうが、なんとも切ない現状です。

    徒然日記やツイッターも負担かと思うに・・・
    開くと何らかの文章があり、又期待をしてしまいます。
     暑い中北海道と東京の行き来は大変でしょうが・・・
    どうか、毎日の体調にお気をつけ下さい。
     (書かずにいられなく、こんなコメントですみません)

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です