徒然日記

5月17日 その2459『逢坂誠二の徒然日記』





信じられないかもしれないが、
道東や道北の山間部を中心に雪が降り、
道路の路面凍結などによる通行止めが相次いでいる。

今日もオホーツク海と日本海側で
積雪の恐れとの予報が出ている。

5月も中旬だというのに、何ということだ。

1)最大の懸念
政治家として活動を始めて、
今年で20年の節目となる。

今、この時点が、
この政治活動を開始して
最大の懸念、危機となっている。

安倍総理の一方的な思い込みで、
事実上の改憲が、
解釈によって行われようとしている。

一内閣の思い込みで、
憲法の大原則がコロコロと変わるなら、
憲法の意味がなくなってしまう。

憲法を変えられるのは国民だ。

総理といえども憲法を変えることはできない。

それなのに安倍総理は、
改憲手続きも経ず、
解釈による事実上の改憲という愚行を行おうとしている。

戦後日本の最大の危機と言って良い。

====

それは逢坂さん、
大げさだと思う方もいるかもしれない。

いやいや大げさでも何でもない。

総理をはじめとする権力者自身が、
自分の手で勝手に改憲できるとなれば、
法治国家とはいえない。

今、我々は、こんな重要な転換点に立っているのだ。

これを危機と言わず、何というのだ。

今日は正午から仲間の議員の皆さんと、
本町交差点で街宣を行う。

今の危機のことを、しっかりと伝えたい。

今日も、しっかりと前進します。

============
        2014・5・17
============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です