徒然日記

5月18日 その2460『逢坂誠二の徒然日記』





函館は、気温の低い状態が続いている。

今日も寒く、朝の室内が16度程度だ。

昨日は、風も強かった。

美原の街宣では、
真っ直ぐ立っていられないほど強い風が吹き、
予定の時刻を繰り上げて
終了せざるを得なかった。

今日も気温の低い状態が続くようだ。

1)集団的自衛権
安倍総理が解釈によって、
事実上の憲法改正を行おうとしている。

これは絶対にさせてはならない。

====

安倍総理は、
集団的自衛権を限定的にケースを区切って認めるという。

これは現実的なのだろうか。

確かに集団的自衛権の発動には、
様々条件を付すことは可能だろう。

しかし一たび自衛権が発動されてしまえば、
どうなるだろうか。

自衛のための武力行使は、
相手側の出方によって変えざるを得ない。

相手の武力行使が段階的に拡大すれば、
それに対応する側も拡大せざるを得ないのが現実だ。

すなわち集団的自衛権の発動条件をどんなに厳格化しても、
実際の発動後は、
発動条件の厳格化とは
全く無関係な状態になる可能性が否定できない。

集団的自衛権を限定的に議論することが、
必要最小限であるように見えるが、
実際に発動されると、
その内容が際限なく拡大する可能性があるのだ。

武力による自衛とは、
そうした側面があることを忘れてはならない。

今日も、しっかりと前進します。

============
        2014・5・18
============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です