徒然日記

7月1日 その2504『逢坂誠二の徒然日記』





最後の朝を迎えた。

明日は、もう今日の朝ではない。

============
        2014・7・1
============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. お疲れさまです。
    自衛隊発足60年の今日、日本という国の舵が大きく
    転換してしまった憤りと悲しみを感じる今日の日記です。
    非戦の願いや祈りは、きっと叶うと信じます。

  2. 逢坂 様

     町長時代から拝見してます。
     もう15年以上も前からですが、初めてお便りします。
     
     集団的自衛権がどうのだとか、憲法の解釈上はとか、秘密保護法案はいかがなものか、
    ということよりも、私が打ちひしがれているのは、悲しくてやりきれないのは、
    ここに一人の独裁者により、独裁国家が誕生したという事実です。
     明日もたぶん同じ朝でしょう。明後日も同じく過ごすでしょう。
     私の知らないところで、誰も気づかないように、
     着々と、憎しみあいが始まる。
     
     

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です