徒然日記

7月2日 その2505『逢坂誠二の徒然日記』





いつものように朝を迎えた。

だが今日の朝は、もう昨日の朝ではない。

昨朝の日本政府と、
今朝の日本政府は完全に別の政府になったのだ。

政府が、
自衛隊の武力行使の範囲を拡大することを、
昨日決めた。

日本に武力攻撃をしていない国に対しても、
日本が武力行使ができるというものだ。

戦後日本が歯を食いしばって育ててきた専守防衛を大転換し、
平和主義を大きく後退させるものだ。

今回の閣議決定の内容は、
事実上の改憲ともいえるものであり、
こうしたことは許されるものではない。

総理は、

「今回の閣議決定で、
 日本が戦争に巻き込まれる恐れは一層なくなる」

と述べたが、なぜそう言えるのか、その意図が全く分からない。

憲法の平和主義も揺らがないかの発言もしているが。
それも詭弁だ。

====

戦後日本の大転換だが、
テレビは、平時の対応だ。

テレビショッピング、サッカー、芸能ニュースなどが、
普段と同じように流され、
その流れの中で閣議決定のことが報じられる。

戦後の安全保障政策を大転換するものだが、
緊迫感が全く感じられない。

新聞はこの閣議決定に多くの紙面が割かれているが、
テレビは平板な報道に見える。

歴史の大転換点が、
こんな報道で良いはずがない。

今後、この閣議決定を踏まえた法案が提出される。

その法案成立を阻止し、
閣議決定の内容を機能停止させなければならない。

まだまだ諦めてはならない。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2014・7・2
============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。