徒然日記

7月8日 その2511『逢坂誠二の徒然日記』





武器輸出の解禁、
自衛隊の武力行使範囲の拡大など
戦後日本の平和主義の大転換を政府が決めた。

それなのに世の中は静かだ。

特にテレビは、実に静かだ。

なぜだ、なぜだ。

総理は海外で、
こうしたことに対する演説を行っているようだが、
国民に対する発言は少ない。

平和主義の転換を決断できるのは、総理ではない。

それができるのは国民の皆さんでしかない。

国会の三分の二の賛成によって、
国民投票を行うべきだ。

それができないなら、最低でも衆院を解散し、
国民の判断を仰ぐべきだ。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2014・7・8
============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です