徒然日記

8月22日 その2556『逢坂誠二の徒然日記』




今日は札幌市で用務があり。朝から移動開始だ。

1)依存症
日本は賭け事大国だと以前に聞いたことがある。

ネットでその売上金額を調べてみた。

パチンコ・スロット:18兆8,960億円(貸玉料・2011年)

競輪:800億円
競馬:3兆1,800億円
競艇:1兆円
オートレース:1,000億円

====

パチンコは、ピーク時の三分の二だというが、
それでも19兆円だ。

これらを合計すると、
約24兆円という膨大な額だ。

これ以外に、宝くじが、1兆円程度の売り上げだ。

諸外国の賭け事の売り上げデーターが見当たらないが、
アメリカのカジノは数兆円の売り上げらしい。

====

この数字を見ると、
なるほど日本が、
賭け事大国との指摘も理解できる。

====

最近、厚生労働省が次の推計を発表した。

ギャンブル依存症の疑いがある人が推計で536万人。

成人全体で4.8%、男性に限ると8.7%。

ほかの国や地域での同じ調査では、
成人全体で
スイス:0.5%
米ルイジアナ州:1.58%
香港:1.8%

日本が突出しているといえる。

====

秋の臨時国会では、
いわゆるカジノ法案が議論されるという。

北海道知事もカジノの勉強にシンガポールに行ったらしい。

政治の現場では、カジノに期待する雰囲気が強いようだ。

日本の医療費が38兆円あまり。

その三分の二程度を賭け事に使うという現状だが、
カジノの導入が適切なのかどうか、
十分に考えてみる必要がある。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2014・8・22
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です