徒然日記

9月30日 その2595『逢坂誠二の徒然日記』(4290)




函館は秋晴れの朝だ。

その分、気温が低い。

函館の朝の気温は12度程度だ。

1)所信表明
昨日、臨時国会が召集され、
安倍総理が所信表明演説を行った。

安倍総理は、
地方創生と女性の雇用が、論戦の柱だという。

もちろんこの二つは大事なことだ。

しかし今国会で、
真に議論すべきことはこれではない。

今国会で議論すべきことは、
7月1日に閣議決定された、
集団的自衛権の行使容認などに関することだ。

総理は、来年の通常国会に関連法案を提出するというが、
そもそも今回の件は、現行憲法下では行使できないと、
政府は言い続け、多くの専門家もそうした考え方だった。

つまり法律事項ではなく、憲法改正事項との指摘だ。

しかし来年、法律を提出してからの議論するという。

そもそも法律提出が、正統性を持つのかどうか、
それを議論するのは今しかないのだ。

法律が提出されてからでは遅すぎる。

法律が提出される前に、
今回の閣議決定が法律事項ではないことを
明確にすべきなのだ。

そうなれば当然、
来年の通常国会での法律提出は
意味のないものになる。

この点を曖昧にして法律提出後に議論すれば、
憲法上疑義のある法律を
強行採決されるおそれが強い。

====

原発問題、エネルギー問題も、
常に国会での重要課題だ。

安倍政権の経済対策の検証、
さらに来年の消費増税をどうするか。
これも今国会でしか議論できない。

地方創生や女性の雇用は、
真の問題から目をそらすために、
あえて無理して設定した課題に思われてならない。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2014・9・30
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。