徒然日記

12月12日 その2718『逢坂誠二の徒然日記』(4363)




選挙戦も今日と明日だけになった。

とにかく全力で走り回っている。

====

函館の空は、薄い雲が広がっているようだ。

夜中には、
極薄っすらと雪が舞った跡があるが、
積雪というほどではない。

朝4時の気温はマイナス3度程度。

1)雨の遊説
昨朝は、青果市場回りから活動を開始した。

青果市場も、
いつもよりも扱い量が多く、さすがに師走だ。

青果市場の挨拶回りを終える頃から、
雨が強くなった。

朝は、市内の事業所回りを行った。

その後、合羽を着用して雨の中での遊説だ。

雨が降る中にも関わらず、
傘もささずに玄関を飛び出してくださる方も多い。

本当に、有り難いことだ。

こうした皆さんの熱い思いに
ガッチリと応えられるよう
何としても当選しなければならない。

====

午後からは、再度、市内の事業所回りを行って、
多くの皆さんに支援をお願いした。

夕方は三個所での、個人演説会だ。

会場におこし頂いた皆さんには、
私の思いは伝わったものと思うが、
鍵はそれをどの程度拡散できるかだ。

とにかく泣いても笑っても、
選挙運動時間は、今日と明日だけだ。

2)萎縮
自民党が、
NHKと在京民放5社に対して、
公示前に衆院選報道における
「公平」を求める文書を送った。

どうもその文書が
報道を萎縮させる効果を発揮しているとの指摘が多い。

砂川浩慶・立教大准教授の話は以下だ。

「自民党の文書について放送局は報じていないが、
 それでは文書が効いていることになる」

全くその通りだろう。

マスコミは、
政権与党のこんな愚かな行動に屈することなく、
堂々と権力への批判精神を発揮すべきだ。

今日は終日氷点下の真冬日になる可能性もあるが、
気分の引き締まる寒さの中で、
力の限りの訴えを行う。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2014・12・12
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. おはようございます。
    与党が、NHK・民放各社に選挙報道の「公平?」を守る為の文書を・・・・。
    とは、放送を見ていて何かそのような感じを受けた人は、私だけでないと思いました。
    もう、このようなことをやっている事自体が、おかしな事を考えていると思われても仕方がない事でしょう。
    有権者は、良く見て感じて投票をしなくてはなりません。
    しかし、野党の方ももっと勉強をして、国政を司る政党、政治家になる事が大事でしょう。
    与党は、そういう事をしながら調査機関に各政党の支持率調査をしている、これは何かちぐはぐな気もしますね。

    ま~、今日と明日で世の中が変わるよう、そして逢坂さんの「ガンバリ」を見れるように遠くから祈っております。
       頑張れーがんばれーオウサカ!!!

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。