徒然日記

12月23日 その2729『逢坂誠二の徒然日記』(4373)




昨日、議員会館事務所準備のため、
朝の定例街宣終了後、都内入りした。

函館事務所の小島秘書も同行しての準備だ。

まさに二年ぶりの会館事務だが、感慨はない。

課題山積で、
垂直に切り立った険しい壁に立ち向かっている印象だ。

小学校の教科書で読んだ「アイガーの北壁」に挑むような気分だ。

一歩間違えば墜落死する、そんな状態なのだと思う。

とにかく緻密に冷静に、力強く確実に進むしかない。

1)再稼働で交付金増
安倍政権の原発推進姿勢が露骨だ。

====

政府は、電源三法交付金の配分方法を見直して、
原発を再稼働した自治体に対し、
2016年度以降、交付金を重点配分し、
運転停止が続く場合は交付金を減らすという。

札びらで自治体の頬を叩き、
原発の再稼働を促すことになるが、
こうした手法が原発政策を歪めていることを
何故理解できないのだろうか。

ドイツでは、日本の交付金のような仕組みはないという。

だからこそ、原発政策の是非を曇りなく判断できるのだ。

政策誘導のために、必要以上にお金で人心を買えば、
政策の妥当性を虚心坦懐に判断できなくなる。

こんなことをすればするほど、
民主主義が劣化する。

2)悪天候
昨朝は、魚市場回りから朝の活動をスタートさせた。

年末の市場は慌ただしく忙しいが、
「しっかり頑張れ」など、
多くの皆さんから激励の言葉を頂いた。

本当に有り難く思う。

その後、函館駅前でいつもの街宣活動を行ったが、
途中から激しい吹雪になった。

そのため五稜郭駅前、本町交差点での街宣を
中止せざるを得なかった。

残念だが悪天候には勝てない。

今日は早朝の便で帰函し、
地元の行事に出席した後、
祝日の街宣活動を行う予定だ。

天候が悪化しないことを祈る。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2014・12・23
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 交付金是非の議論も勿論必要。
    太陽光発電など代替エネルギーへの転換について、
    筋道立てた議論をもっとおおっぴらにやって下さいね!
    期待しています^_^

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。