徒然日記

10月5日 その1532『逢坂誠二の徒然日記』



夜明け前の都内、
空一面に雲が広がっているようです。

予報は雨時々曇り、
日中の予想最高気温は20度を下回る見込みです。

1)新幹線
北海道新幹線に関し、
道内の自治体、経済団体などから、
連日、多数の要望を受けています。

昨日も、朝から朝食懇談会が開催され、
熱心な要望を受けました。

要望の大きなポイントは二つです。

・2015年新函館までの確実な開業
・札幌までの早期着工

====

新幹線は、日本の標準的社会基盤です。

北海道内においても、
木古内、北斗、函館、七飯はもとより、
八雲、長万部、倶知安、小樽、札幌などの計画沿線自治体では、
新幹線開業を前提にした地域づくりを描き、
その実現を長年待ち望んでいる状態です。

新幹線計画の選択肢は、
札幌までの延伸実現以外にあり得ません。

私も党の新幹線推進議連の幹事長として、
一日も早い実現に向けて努力します。

2)公務員制度改革PT
昨日、党の政策調査会役員会を開催し、
各種調査会やプロジェクトチームの設置を決めています。

その中で、
税制調査会は既に動き出していますが、
昨日は早速、公務員制度改革PTの会合も開かれ、
私も幹事として出席しています。

====


「給与引下げ法案」と「人事院勧告」をどう扱うか


「給与引下げ法案・公務員制度改革法案」のパッケージ論をどう担保するか


給与引下げ額と復興財源の関係を整理すべき


国家公務員人件費引き下げと地方公務員人件費を遮断


国家公務員給与2割削減の進化


定数、実数、新規採用抑制などの合理的管理


地方公務員労働基本権法案をどう策定するか
特に使用者側の問題意識を踏まえる必要

====

個人的には、以上のようなことが、
ポイントになるとみていますが、
今後も精力的に議論が進むものと思います。

今日午後、指定都市市長会が主催する、
地域力向上のシンポジウムに
発言者の一人として出席する予定です。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・10・5 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です