徒然日記

1月9日 その2746『逢坂誠二の徒然日記』(4390)




昨日は、函館市内、北斗市内を走り回って
夜は、八雲町での会合に出席した。

その後、JRで夜遅く札幌入りし、
今日は札幌での朝だ。

朝のうちに党関係の打ち合わせを行って
昼前には、帰函する。

帰函後は、地元日程が目白押しだ。

1)違和感
選挙後から、
東京の国会周辺にいる皆さんとの意見交換が、
当然だが急増している。

その際に多くの方が「逢坂先生」と呼ぶのだが、
どうも違和感がある。

この2年間、「逢坂さん」と呼ばれることが多かったが、
選挙後から突然、先生呼ばわりされている。

どうも馴染めない。

やはり、逢坂さんが、普通の感じがするが、
どんなものだろうか。

地方財政計画が固まりつつあるが、
真の最終決定までは、あと一息。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2015・1・9
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんにちは。

    「先生」というのは時にからかい言葉にもなる要注意の言葉ですよね。
    それに慣れて心地よく思うようになったら、終わりかな。(苦笑)
    国会には多くいるようですが…

    ————————————-

    その際に多くの方が「逢坂先生」と呼ぶのだが、
    どうも違和感がある。

    この2年間、「逢坂さん」と呼ばれることが多かったが、
    選挙後から突然、先生呼ばわりされている。

    どうも馴染めない。

    やはり、逢坂さんが、普通の感じがするが、
    どんなものだろうか。

  2. 「逢坂さんと呼ばれるのが普通の感じがする」との逢坂さんの感性、普通感に賛同します。尊敬します。
    逢坂さんの益々のご活躍をお祈りいたします。

  3. 投票用紙が届きどうしたものかと思案中です。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。