徒然日記

10月12日 その1539『逢坂誠二の徒然日記』



都内の朝、
雲が広がっていますが明るめの朝です。

予想最高気温は23度です。

昨夜の帰宅が遅かったため、
今日は少し遅めの始動です。

1)TPP
野田総理が、
環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加について
「議論して早急に結論を得るというのが従来の政府の姿勢。
政府・民主党に議論を始めるように指示した」と明らかにしています。

これは一昨日のことです。

また、農業再生に向けた行動計画を
月内に策定する考えも示したとのことです。

====

TPPへの対応は、慎重であらねばなりません。

またTPPを貿易問題、農業問題と捉えるのでは、
問題のとらえ方が狭すぎます。

TPPは、単なる貿易問題ではなく、
広い分野での規制緩和を軸とする
社会全体に影響を及ぼす問題なのです。

TPPへの参加によって、経済問題ではなく、
私たちの社会全体がどのように影響を受け、
どのように変化するのかを知らねばなりません。

こうした認識もないままに、
経済問題だけに矮小化した、
ましてや農業問題だけをクリアすれば良いかのような発想で、
この交渉に臨むことはあってはならいのです。

国民全体にTPPの本質を知ってもらう必要があります。

2)相対性理論
先日、ニュートリノが、光よりも早いという
実験結果が発表されました。

これが事実だとすれば、
現在の物理学の基本になっている
特殊相対性理論が覆ることになります。

あの発表以来、
この結果を検証する
次の取り組みに大いに期待しています。

しかし、その前に、私自身が、
相対性理論を改めて勉強したいと思っています。

そのためにちょうど良さそうな文献を見つけました。

何とか時間を作って、
読んでみたいと思います。

今夜は、過日の台風で延期になった東京での
「おおさか政治塾」の二回目を開催します。
テーマは「民主主義とは何か」です。

今日は満月です。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・10・12 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です