徒然日記

10月16日 その1543『逢坂誠二の徒然日記』



昨日午前10時20分に成田空港を出発し、
14時間30分をかけて
チューリッヒ経由でベルン入りしました。

20数年ぶりのベルン訪問です。

日本国会代表団の一員として、
第125回IPU国際会議に出席するためです。

今回の団長は、横路衆院議長ですが、
団員は、それぞれの都合によって、
独自の日程で会議に参加するため
横路団長とは別行動です。

====

IPU(Assembly of the Inter-parliamentary Union:列国議会同盟)会議は、
1889年に創設された歴史あるものです。

日本の加盟は1908年です。

世界規模での議会の対話の中心的な場として、
平和と諸国民間の強力
及び代議制諸制度の確立ために行動することが目的です。

現在、157の国が加盟しています。

====

今日から、
私は次のような会議への
出席が予定されています。

====

16日(日)

・アセアン+3会合
・アジア太平洋地域グループ会合
・アジア太平洋グループ昼食会
・開会式
・スイス議会主催レセプション

17日(月)

・評議員会
・本会議(横路団長のスピーチあり)
・横路議長主催アフリカ諸国との昼食会
・この後、二国間会談を二回予定
・スイス大統領主催夕食会

18日(火)

・午前中に二国間会談を二回予定
・日本代表団主催協力者懇談会
・良い統治の促進及び実践に関する
 パネルディスカッション(私のスピーチあり)
・日本代表団主催レセプション

19日(水)

・次回国連気象変動会議に向けた
 準備の進捗状況、成果文書の採択

====

会議は、記載したもの以降もまだ続きますが、
国会日程の都合などもあり、
今のところは以上の日程をこなして、
帰国する予定です。

また逆に、臨時国会前の
与野党の協議如何や
その他の用務の都合によって、
中途で帰国することも考えらますが、
今のところはまだ未定です。

====

自治の活動から国会活動に重心を移して
先月で7年目に入りましたが、
この間、海外活動、
外交活動がまったくできませんでした。

今年の大きな目標の一つに、
活動範囲を外交に広げることを掲げました。

今回のIPUベルン会議はその第一歩です。

この機会に諸外国の議会関係者の皆さんと、
活発に意見交換を行い、
国際理解を深めると同時に、
日本の立場も明確に主張したいと考えています。

====

昨日は夕刻にベルン到着後、
日本大使館で小林大使と懇談をしました。

小林大使から、
次のことをはじめとする
スイス各般に渡る話を伺っています。

====

・経済
・議会
・直接民主制
・外交
・防衛
・日本のとの関係

====

大使との2時間にも渡る懇談は、
極めて実りの多い濃密なものでした。

スイスから学ぶべきことは、
山のようにあると感じました。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・10・16 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です