徒然日記

2月4日 その2772『逢坂誠二の徒然日記』(4416)




今日は、立春だ。

都内の朝の気温は1度。

静かな朝だ。

1)TPP
昨日、農林水産部門会議で、
内閣官房TPP政府対策本部、
外務省、農林水産省、経済産業省から、
TPPの交渉状況についてヒアリングを行っている。

====

昨年11月8、10日に、
TPP首脳会議、閣僚会議が北京で開催されて以降、
事務レベル協議、首席交渉官会合がそれぞれ二度、行われている。

首席交渉官会合において、
知的財産、国有企業、投資、物品貿易、
法的制度的事項、原産地規則等について議論した。

これらの会合を通じ、交渉は着実な進展が見られたものの、
なお議論を継続すべき困難な課題が残されており、
今後、こられの困難な課題について、
閣僚の政治判断を仰いで交渉を妥結することができるよう
各国が最大限努力していく。

====

以上のようなことが報告されたが、
基本的には、何も情報提供が無かったに等しい。

その後の質疑の主な内容は以下。

====


物品の関税について、
現時点で決まったものはない


関税単独の議論ではなく、
セーフガード、下げる期間など、
パッケージで議論をしている


個別品目だけではなく、他の品目も含め議論


アメリカの雰囲気は、
一般教書でTPPに言及したり、
TPAのこともあり、以前に比較し積極的


日本はスケジュールありきの議論ではなく、
納得できる内容になったら合意


納得できる内容とは、国益に叶うもの

====

こんなやり取りをしたが、正直なところ、
その是非などを判断できるような内容ではなかった。

報道は全て誤報との発言もあり、正直、驚いている。

また次の閣僚会合はセットされていないとのこと。

しかし説明によれば、
事務レベルで整理がつけば閣僚会合を開くとのこと。

ということは次の閣僚会合がセットことになれば、
場合によっては最終局面になる…、
そんな推測も成り立つかもしれない。

TPPでは、
国益に叶うという言葉が多用されるが、
国益とは何かとの質問に即座には答えられていない。

何のためにTPP交渉を行っているのか、
意味が分からない。

こんなTPP交渉は行ってはならない。

今日は満月だ。

今日も早朝から総務部門会議など、
盛りだくさんの一日だ。

今日も、しっかりと前進します。
============
        2015・2・4
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんいちは。

    TPP、21項目あります。
    農産物と工業製品の関税のバータなんて簡単なものじゃないことは、お分かりだと思います。
    「国益」が必ずしも「国民益」を指していないことも。

    交渉の過程はすべて守秘すべきことが前提の貿易交渉なんて、参加と自治を本質とする
    民主主義の世界では、あってはならないことです。

    民主党も、菅、野田政権ではTPP推進でしたが、今はどうなのでしょうか。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。