徒然日記

2月6日 その2774『逢坂誠二の徒然日記』(4418)




昨日から雪が降るとみられていた都内だが、
多少雪が舞った程度で積もることはなかった。

今朝は晴れ。

日中の気温も10度になるという。

====

昨日も、慌ただしい一日だった。

早朝の原発ゼロの会に始まって、
厚生労働部門会議、
来客、弁護士会との意見交換、
在京新聞政治部長との懇談、
代議士会、本会議、党運営に対する意見交換、
総務部門法案打ち合わせ、来客、地元自治体からの要望、
エネルギー環境調査会など、
日程が目白押しだった。

昨日は、とにかくこれら日程に対応するのに汲々として、
自分が手を動かし、自分が考える時間を確保できず
受け身の一日となった。

こんな日もあるのだが、
今日は少しでも自分で考える時間を作りたい。

1)空爆
ヨルダン軍は5日、
シリアで過激派「ISIL」の
複数の標的に対し空爆を行ったという。

米軍も作戦を支援したようだ。

これはISILによって、
ヨルダン空軍のパイロットが
殺害されたことに対する報復とのこと。

====

ISILのさまざまなことは、決して許されることではない。

しかし暴力による報復を繰り返しても問題は解決しない。

こうしたときに、武力行使をしない日本の役割があるのだと思うが、
安倍総理の勇ましい言葉を聞いていると、
日本自らがその役割を放棄しているように思われてならない。

有志連合とそれに敵対する陣営という対立の構図からは、
明るく安心の未来は見えてはこない。

今日は月と地球の距離が一年で最も遠い日だ。

その距離406,150km。

もっとも近かったのは1月22日の359,645kmだ。

その差46,505kmにもなる。

====

今日の夕方には帰函する。

今日も、しっかりと前進します。
============
        2015・2・6
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんにちは。

    逢坂さんはよく御存じの方だと思う。
    どう評価するか聞きたいものだ。
    ——————————-

    文科相補佐官に鈴木寛氏 元民主党参院議員

     鈴木寛氏

     下村博文文部科学相は6日の記者会見で、元民主党参院議員の鈴木寛氏(51)を大臣補佐官に起用すると発表した。大学入試制度改革や、2020年東京五輪・パラリンピックの開催準備などを担当する。

     下村氏は「民主党政権で文科副大臣として活躍するなど、教育に対する幅広い知識を評価した」と起用理由を説明した。

     鈴木氏は旧通商産業省勤務などを経て、01年から参院議員を2期務めた。13年7月に落選し、民主党を離党。東大大学院や慶応大の教授をしながら、昨年10月からは文科省参与に就いていた。
    2015/02/06 11:27 【共同通信】

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です