徒然日記

3月1日 その2797 『逢坂誠二の徒然日記』(4441)




昨日は、朝から函館市内で活動した後、
夕方の日本病院薬剤師会の
会合に出席のため上京した。

東京の朝は曇。

1)日本と原発
昨日、
大間原発訴訟の会の皆さんが主催する上映会で、
河合弘之弁護士が監督を務めた
映画『日本と原発』を見た。

2時間余りで、
現在の日本の原子力を取り巻く課題などが、
実に良く分かる充実の内容だ。

監督の河合弁護士は、
全国の原発訴訟を幅広く引き受けている。

構成・監修は、海渡雄一弁護士。

海渡弁護士は、学生時代に
原発訴訟を扱う弁護士になることを決めて以来、
40年余り、それを天職として取り組んでいる。

この二人が手掛けた映画だけに、
内容が盛りだくさんだ。

2時間15分に渡る映画だが、
飽きさせることはない。

亀田福祉センターの最前列中央で、
私は、へばりつくようにスクリーンに取り込まれた。

あっという間の2時間15分だ。

====

原発事故がいかに悲惨なものであるか、
原発政策がいかに矛盾に満ちたのものであるか、
原発政策がいかに将来に禍根を残すのか…、
こんなことたたちどころに理解できる内容だ。

是非、多くの皆さんに見てもらいたいと思うし、
早くDVDとして販売されないかと願う。

映画い『日本と原発』の公式HP

http://www.nihontogenpatsu.com/

今日の昼には、東京ニセコ会総会、
そして午後には、民主党大会が開催されるため、
終日、都内での活動だ。

今日も、しっかりと前進します。
============
       2015・3・1
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. おはようございます。
    またまたのお願いです。

    選挙権年齢を18歳に引き下げる法案が今週出されて決まるやに報道されておりますが、本当ですか?
    選挙権年齢が18歳に下がる事は、私も反対ではありません。言えばもっと早くすべきだったと思うくらいでした。
    しかし、選挙権だけが先に決められると連動する法律も一緒に改正しなければツジツマが、合わなくなるでしょう。
    法を犯した場合に少年法の適用になるのか?もう私が言っている事を逢坂さんは分かると思いますが、18歳から20歳までの人間を成人とみなしていくのかどうかと言う事ですよ。選挙権を与えると言う事は、国政にかかわると言う事ですからね。
    そして又、法律を変えるという事は、今、自民党が言っている様な簡単な事ではないということですよ。
    国民の代表の国会議員の方は、よーく考えて決める様に指導してやって下さい。

    それでは、今週も体に気を付けて国民の為に頑張って下さい。お願いします。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です