徒然日記

3月2日 その2798 『逢坂誠二の徒然日記』(4442)




昨日は、都内で東京ニセコ会、
さらに党大会が開催され、
今日は都内で朝を迎えた。

昨日午後からの雨も上がり、
爽やかな朝を迎えた。

日中の気温は13度程度と見込まれ、
函館よりも10度程度も高い。

1)地方政策
常々感じていることだが、
現在の政府の地方政策はやはり問題が多い。

私たちは何を重んずれば良いのか。

====


自治のかたちは、地域自らの知恵と力で創造する


自治体間の連携を尊重する


地域資源を最大限活用した、地産地消型の地域づくり


自律分散型の再生可能エネルギーの推進


積極的な人への投資

====

国には、地域のこうした取り組みを促進するため
次のような取り組みが求められる。


画一から、多様性を尊重する


押しつけと依存助長から、自律と自主性へ


予見可能性のある財源の確保


地域の違いに応じた柔軟な制度運用


各省庁の縦割りを排した相談支援体制の確立

=====

現在の政府の地域政策には、
こんな視点対応が欠落しているのだと思う。

今週も予算委員会が続く。

さらに予算の地方公聴会の開催も予想されるが、
政治と金の問題もあり流動的な情勢だ。。

またまた密度の濃い状況が続く。

今日も、しっかりと前進します。
============
       2015・3・2
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。