徒然日記

10月30日 その1557『逢坂誠二の徒然日記』



多少雲が広がっていますが、
都内は、青空の見える朝を迎えました。

最低気温は14度、
最高気温は18度の予報です。

今日の函館も、都内と同程度の気温ですね。

1)原発
昨日、函館市で、
さようなら原発1000万人アクションの集会が、
1,500人あまりの方が参加して開催されました。

====

・映画『チェルノブィリ・ハート』に見る、
 原発事故の恐ろしさ

・発電所がどんなに安全でも、
 万が一事故が発生すれば
 地球に深刻なダメージを与え
 人間の時間軸では解決できない。
 これが原子力災害。

・仮に100%事故のない原発があっても
 使用済核燃料の処理方策は未だに確立していない

・核燃料サイクルも課題山積で、
 最終的には使用済核燃料問題は解決されない

・原子力政策は、大きな転換が必要

・しかし、多くの関係者への理解なくして
 政策の転換はできない

・怖いのは忘却。

・粘り強く、忘れずに、
 想像力を駆使して、政策を変化させる

====

私からは、以上のような挨拶をしています。

降壇後、
マスコミのぶら下がり取材を受けましたが、
正直なところ質問するマスコミの皆さんの
勉強不足を感じます。

そのため質問が紋切り型で、
深まりのあるものになりません。

もちろん私自身も含め、
もっともっと学ぶ必要があります。

====

長く辛い、
しかし粘り強くしたたかな道のりのスタートです。

原子力政策を、
そしてエネルギー政策を
転換しなければなりません。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・10・30 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です