徒然日記

10月29日 その1556『逢坂誠二の徒然日記』



都内は今日も明るい朝を迎えました。

日中も晴れの状態が続き、
予想最高気温は22度です。

暑くも寒くもない、
何をしても気持ちの良い
一日となるとのことです。

1)地域主権調査会
昨日、海江田会長になってから、
第一回目の地域主権調査会が
開催されました。

私は、会長代行として、
海江田会長を支えることになりました。

====

昨日は、内閣府地域主権戦略室から、
これまでの取り組みと今後の予定等を聞き、
その後、意見交換をしました。

参加議員からは、
取り組みが遅い等の、
指摘があったほか、
大震災があったことを踏まえ、
国の出先機関のあり方に関する意見もありました。

地域主権改革は、
民主党の重要政策です。

ぶれることなく着実に進まねばなりません。

2)TPP
昨朝の民主党北海道選出議員会に、
道内の多くの首長さんらがおこしになり、
TPP反対の意思を伝えられました。

TPP議論は、あまりに拙速です。

その内容が必ずしも明確ではありません。

推進派の論拠も極めて弱い印象です。

交渉参加には反対です。

3)一票の格差
衆院選挙の一票の格差解消など、
選挙制度に関する与野党協議が進んでいます。

昨日は、党の政治改革推進本部役員会で、
この状況を私から報告し、
意見交換をしました。

参加役員からは、
現在の樽床座長が提案している進め方に
特に異論はありませんでした。

また今後は、連用制などについて、
勉強を進めることも確認されています。

真正面から、この議論を進めねばなりません。

4)番号制度
社会保障と番号についての
ワーキング・チームが、
新たに立ち上がりました。

政府では、番号に関連する法案を
早い時期に提案したい意向です。

党としても、この政府の方向に対応するため
党内議論を深化させなければなりません。

昨日のWTは、そのためのものです。

私が座長代理に就任しています。

====

この後、税制調査会役員会も開かれ、
今後の議論日程が確認されました。

5)所信
昨日、衆参で本会議が開かれ、
野田総理の所信、
安住財務大臣の財政、
それぞれの演説が行われました。

週明け3日間は、
これら演説に対する質問が行われます。

179国会の論戦が、さらに加速されます。

色々なことが同時並行で、
どんどん流れて行きます。

もたもたしていると取り残されます。

心の落ち着き、体の健康も
維持しなければなりません。

正念場を迎えている…、
覚悟をもって対応しなければなりません。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・10・29 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です