徒然日記

3月27日 その2823『逢坂誠二の徒然日記』(4467)




今日は早朝から急遽対応すべきことが発生し。
今日も映画『日本と原発』の紹介のみで終了だ。

1)日本と原発 その16
映画『日本と原発』(河合弘之監督)から。

映画の中では、
日本が原発の立地に
最も適さない場所であることも
具体的な図面(世界地図)によって示されている。

==以下、抜粋引用==

原発は、おびただしい数の配線と配管で構成され、
コンピュータで制御される巨大精密機械です。

自然の力が生み出す強大な地震や津波に
耐えられる精密機械を
人間が作りだすことができるのでしょうか。

これは、マグニチュード4以上の地震が
起きた地点を示す、世界地図です。

地震を起こす4つの巨大プレートがひしめきあう日本は、
世界平均の130倍と云われる地震大国です。

赤く印された点は原発です。

日本には54基もの原発があります。

地震多発国の中で
原発を大量に所有している国は日本だけです。

日本の原発は、
世界的に見ても最も危険な存在なのです。

==以上、引用終了==

こんな場所に原発が立地している、
その危機的状況を
私たちは再認識すべきなのです。

今日も、しっかりと前進します。
============
       2015・3・27
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。